>

歩きながら♪歌いながら♪

≫韓国ドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨメ全盛時代」

               この大姑さん役はチュモンのソン・イルグクさんのおかあさんだそうです
                                              ヨメ全盛
                               
そして いつも キャンキャン早口でまくしたてるおばちゃん役の多いユン・ヨジョンさん
彼女が出てくると音量ボタンをボリュームダウンダウン
その無敵な ヨン・ヨジョンさんが このドラマでは
姑に頭の上がらない、息子の嫁には言われたい放題の
豚足屋(こういう専門食堂あるんだね)のおばちゃん
いつになく可愛かった^^

いままで年長者には歯向かえないのがハングクサランの悲しきサガ(?笑)なんだよねと思ってたが
ついに時代は変わってきてるみたい

スポンサーサイト

「ファンタステイック・カップル」

フジテレビの韓流α(関西TVではやってない)

5月28日から 「ファンタステイック・カップル」が始まるようです

これは 私のイチオシ韓ドラ おもろいでっせ~!

KBS京都で放送されたのと同じなら だいぶカットされてて(それもツボなシーンが)
不満はあるのですが
オ・ジホ未見の方にはお奨めします^^

ファンカ
         ~ドケチ男と悪魔のようなセレブ~

いま観てるのは

まだ観始めたとこですが

1本は

チャン・グンソク「美男・イケメンですね

kominamu33.jpg

これもコミックが原作なのかな
爆笑と胸キュン
そういう面白さ満載
出演のイケメンたちも女性漫画家が描くような中性的美少年

コミナムのキャラが「コーヒープリンス1号店」のヨンチャンにカブり過ぎてて気になる
グンソク君の目張りが怖い~笑
その分笑ったら何倍も可愛いんです
早速イベントもあるようです


もう1本は 去年のドラマで
主役のオ・ジホがユン・サンヒョンさんに食われてしまった感のある


ジホさんはラブコメの帝王だったのか?! ま、いいんですけど
二の線より好きやし~

タイトルは原題の「内助の女王」のままがよかったのでは?
一流企業、大金持ち、
韓国ドラマの描き求める행복(ヘmボッk=幸せ)はここへ行きつくことが多いね
  あ、ちなみに  ↑행 や 복 の下についてる ㅇㄱ がパッチムです 
ダメ亭主もエリート社員も男達はなんだか情けない
その妻たちはしたたかです
いつもイイトコで終わるので、続きが気になって気になって

垢抜けないイケメン(ファンの方ゴメン;;)サンヒョンさんは
NHKテレビハングル講座の今年のスキットドラマに出てますね 
5月1日(土)教育TVで特番があるようです 
    ↓
韓流!語楽ナイト

サンヒョン

韓国ドラマ「砂時計」

久しぶりにどっぷりハマれる韓国ドラマにあいました
      ブログも放り出して観てました

sandglass22.jpg
      「砂時計」 모래시계 (モレシゲ)全24話

1話ずつレビューしたいほど面白かったが
どうもあらすじというものをまとめるのが下手で・・・
たぶん子供の頃、苦心の読後感想文を
「これはあらすじであって感想じゃない」と先生に叱責されたのがトラウマになってるらしい
(ま、いいわけですが、、、)

韓国での放送は1995年、いやぁ出演の皆さんお若いです
現在でも活躍中のアノ顔、コノ顔、枚挙にいとまがないほど続々と出てきます
パク・テス@チェ・ミンスカン・ウソク@パク・サンウオン
高校生時代の出会いが1973年
朴正煕暗殺事件1980年
発生当時は韓国民にも知らされてなかったという光州事件がその年の5月

さすが高校生役は少年の役者さんが演じてます
moresige1.jpg
            ↑    ↑
            テス と ウソク

36歳のサンウオンさんの大学生ウソク ムリがあるよね~笑
    ↓
sunadokei22.jpg

最終回(1990年代)の実年齢に近づいた二人
sunadokei.jpg
世にカりスマもどきは多けれど、このドラマのチェ・ミンスさんには
カリスマ感じましたわ

見直してると(←リピしてるらしい^^;)
第1話に ふたりの将来を暗示するあれこれが敷かれている
ケンカの強い転校生テスは士官学校へ入ろうと優等生のウソクに勉強を教えてくれとたのみ
それが終生の友情になる
そして老けた(笑)同級生イ・ジョンド、彼との悪縁も断ち切れず後々テスを追い込んでいく

一緒に勉強する条件に「ケンカか勉強どちらかひとつにしろ」とウソクにいわれ
ボコボコにされても抵抗しなかったテスだが
士官学校の面接で父親がアカ(バルチザンといってた)だったことを知り
入学金を貧しいウソクに譲り裏社会へ入っていく
ケンカの世界をえらんでしまったということか

積極的に政治的なジョンドに対し
ヤクザが政治に首を突っ込むと死刑が待っている
と自戒していたテスだが
運命は愛する女性によって波乱していく
これがドラマの世界というものですね

一方検事になり幸せな結婚をしたウソクも
光州事件のときたまたま兵役中だったので
鎮圧に出動した際の自分の行動を胸に重く秘めている

ドラマ中繰り返し流れるフヴォロストフスキーの歌う
ロシア民謡「鶴」ここで→YouTube 聴けます
テスは大空へ自由にはばたく鶴になったのだろう

あ~うまく書けませ~ん;;

ドラマを見てないひとには
なんのことやら?の内容で 미안해요

title.jpg

「糟糠の妻クラブ」

HP
小学生のママくらいの年代で 「糟糠の」妻といえるのかな
なら わたしは「発酵の妻」かいな~笑

main.jpg
                  ↑
       そもそもはこのアポジが 30年間も愛人のもとで暮らしながら
    ↑   本妻と愛人は 姉さん~妹よ~と呼び合って仲良くしてると思い込んでる
    ↑    ような男だから
    ↑
  息子ウオンスも浮気相手(人妻)を家に引き入れて
  妻には別れろ出ていけの駄々っ子ぶり

長女はチャングムのお母さんになってたキム・ヘソンさん(右から2人目)演じる
ボクス(漢字にすると 復讐 とはおそろしや)
魚屋をしながら夫を医者にし、家も建てた糟糠妻
キルテイングのズボンに男物のジャンパー、巾着袋みたいのを手首に
巻きつけてるとこなんか芸が細かくて笑える 
そんな素朴な外見ながら夢は医学部教授夫人
夫はボクスを魚臭いと昔の恋人(人妻)と不倫

ボクスの親友ファシン(漢字にすると 化身)はウオンスの妻で専業主婦
ボクスのような生活力がない分
夫から出て行けといわれたら途方にくれるだろうけれど
感情移入できないのは
この女優さん(左から2人目)がどうも苦手
ミスコリア出身らしい背は高い(韓国では女性にとっても有利な条件みたい)が
整形むき出しの顔(これぞ化身やんか!)が気になって。。。

このドラマをたのしみに待ってたのは 
イ・サンウ君サンウ23が出ると聞いたからでしたが

サンウ演じるク・セジュ(漢字にすると 救世主 って^^;;)が
ファシンに魅かれるなんて許せないぞ
整形顔はさておいても
いくら生きるのに必死だとしても
大人の女性が口の端からラーメン一本垂らしてるなんてみっともなさ過ぎ!!
韓国の人はこういう飾らなさ(?)がお好きみたいでよく見かけるシーンですが

サンウ君は30話過ぎから登場で
ファシンはセジュによって隠れてた才能を開花され見違えるように美しく洗練されていって
夫をギャフン!といわせるんだけど
どうも彼の恋を応援したくない という困ったドラマでした。
そんな私の気持ちをヨソにセジュは恋をつらぬくんですけどね~残念~

当初50話の予定(1話=60分)が大好評で104話に延長されたそうで
北京五輪サッカー韓国戦と同時間帯も視聴率で win ! だったとか
が、そのまま日本の糟糠の妻たちがおもろい!と思うかというと
。。。。。。。でして。。。。
でも、
韓国には 姦通罪 がある!!
その名の通り放送中は韓国国民の敵とまで呼ばれたらしいウオンス(漢字だと敵)も
姦通罪で訴えられるのは
やめてくれ~~ へなへな~~
 と黄門様の印籠をみせられた悪代官みたいになるのはおもろかった
この線で攻めてほしかった

相手女優さんに不満はあれどサンウ君のカッコさわやかさはブレイク!
日本1stファンミ(なんとチケ代25000円のデイナーファンミ)
も成功したようだから
「青春漫画」以来目をつけてた(こわいですか?)アジュンマとしては嬉しいよ~拍手 パチパチ

もうひとり
イ・ジュニョク
ソンス役のイ・ジュニョクさんに今後注目~^^
でもペンミするなら発酵の妻(笑)でも行ける1万円以内にしてね

 | HOME |  »

プロフィール

しずか

Author:しずか
韓流を中心に映画・ドラマが好きです。
ダイジェスト力がないので
基本ネタバレなしで、レビューはしません
作品そのものより、呼び覚まされた
あれこれを書いておこうと思います。
韓国語は独習中なので間違ってるかもしれません、信じないように^^;間違いを指摘くださればうれしいです。
いただいたTBが文字化けすることがありお詫びします解決のため努力中です。タイトルが文字化けしていても本文閲覧は可能です


最新記事


最新トラックバック


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
映画館で観た映画 (14)
DVD映画鑑賞 (10)
韓流 (8)
韓国映画 (9)
韓国ドラマ (7)
韓国語 (17)
日韓合作映画 (2)
映画 (2)
パク・コニョン (6)
映画うわさ話 (4)
ひとりごと (3)
日常 (8)
日本のドラマ (1)
ニュース (3)
京都 (1)
読書 (0)
マンガ (1)

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

黒(ぶら)っく もみじ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。